アクセスカウンタ

ライフセービング部|日本体育大学

ブログ名
ライフセービング部|日本体育大学
ブログ紹介
部長:大石 健二

監督:遠藤 大哉

男子主将:七海元紀
女子主将:寺坂恵実

部員数:52名

練習場所:大学グラウンド、室内プール(世田谷校舎)、片瀬江ノ島

練習日時:月・火・水・金/朝練習 6:30〜 (プール練習)
月・水・金/夕練習 17:30〜 (陸練習)
       土/海練習・レスキュー練習


オ フ:木・日

部 費:年間18万円(大会遠征費等含む)

【2016年度成績】
・全日本プール選手権大会 2位
・全日本学生選手権大会 男女アベック優勝
・全日本選手権大会 総合優勝(18年ぶり)

【2015年度成績】
・全日本プール選手権大会 総合優勝
・全日本学生選手権大会 男子総合優勝 女子3位
・全日本選手権大会 2位
・全日本学生プール選手権大会 男子4位 女子2位

【2014年度成績】
・全日本プール選手権大会 総合優勝
・全日本選手権大会 2位
・全日本学生プール選手権大会 男女総合優勝

【2013年度成績】
・全日本プール選手権大会 総合優勝
・全日本学生選手権大会 男子優勝 女子3位
・全日本選手権大会 3位
・全日本学生プール選手権大会 男子準優勝 女子優勝

【2012年度成績】
・全日本プール選手権大会 3位
・全日本学生選手権大会 男女総合優勝

【2016年度大会予定】
・全日本ライフセービング・プール競技選手権大会
5月21日(土)〜22日(日) 横浜国際プール(神奈川県横浜市)

・全日本ライフセービング種目別選手権大会
6月11日(土)〜12日(日) 若狭和田海岸(福井県高浜町)

・全日本・東日本予選会
9月17日(土)〜18日(日)  御宿海岸(千葉県御宿町)

・全日本学生ライフセービング選手権大会
9月24日(土)〜25日(日) 御宿海岸(千葉県御宿町)

・全日本ライフセービング選手権大会
10月8日(土)〜9日(日) 片瀬西浜海岸(神奈川県藤沢市)

・全日本学生ライフセービング・プール競技選手権大会
2月25日(土)〜26日(日) 宮城県総合運動公園総合プール(宮城県利府町)

Facebook
http://m.facebook.com/nlsc1987
help RSS

任期交代式

2016/12/03 14:51
海の大会が全て終わり、11月7日に任期交代式を行いましたので、報告させて頂きます。

新しく日本体育大学ライフセービング部を統率していく役員の紹介です。

画像


男子主将:3年 岸田興喜
女子主将:3年 阿形芽生
男子副主将:2年 小林駿太
女子副主将:2年 具志堅夕
主務:3年 高山恭治・中田碧
主務補佐: 2年 岩井浩大
監査 : 3年 岩本耕平
会計:2年 青野利皇・佐藤美帆

以上のメンバーと部員全員でこれからのライフセービング部を作り上げていきます。
これからも、更に全員で頑張っていくので応援宜しくお願いします!

画像

旧役員の方々です。1年間ありがとうございました。
記事へトラックバック / コメント


日体クラシック2016

2016/12/03 12:20
11月27日に世田谷キャンパスで、26期の方々主催の日体クラシックが開催されました。学年、OB、OG関係なく6つのグループに分かれ、マッスルリレーやレスキューチューブリレーなど様々な種目で対抗しました!

今回のテーマは「繋ぐ」でした。
先輩後輩の垣根を越え、日体大ライフセービング部の一員として、日体生の一員として、繋がりを深め、大いに盛り上がりました!


主催して下さった26期の皆様、楽しい時間を有難う御座いました!
これからも繋がりを大切にし、部員一同頑張っていきますので、応援宜しくお願い致します。
画像
画像

画像
記事へトラックバック / コメント


第42回全日本ライフセービング選手権大会結果報告

2016/10/14 15:33
【第42回全日本ライフセービング選手権大会】

〜総合成績〜
総合優勝 90pt 日本体育大学LSC
2位 89pt 西浜SLSC
3位 88pt 湯河原LSC

画像


10月8.9日の2日間、藤沢市鵠沼海岸にて第42回全日本ライフセービング選手権大会が開催されました。今大会で我がクラブは総合優勝を果たすことができました。2位と3位のチームとは各1点差とかなりの接戦となりました。

過去に学生として全日本選手権大会に出場した後は、全日体として社会人の方と混合のチームで出場をし、4年前からもう一度、学生だけの日本体育大学LSCとして出場をするようになりました。学生だけのチームで総合優勝をしたのは18年前が最後。総合優勝は、1998年の第24回大会以来、実に18年ぶりの快挙となりました。


画像


我がクラブでは、今までオーシャン競技での得点が少なく課題となっていました。この課題を克服するべく、種目ごとにチームを分け、オーシャン競技の選手はこの1年間をかけて練習を積み重ねてきました。その分、ボードレースが中止になったのはボードチームのメンバーを含め、皆が残念に感じましたが、やはり自然には勝てないということを改めて思い知りました。

普段から練習をさせて頂いている藤沢市の海で、各個人としてもチームとしてもベストを尽くすことが出来ました。
東日本予選から始まり、インカレ、全日本と3大会で得た経験を大切にし、1.2.3年生は来年更に飛躍出来るように、これからも頑張って行きます!

今大会も天候の変化が激しい中で行われましたが、オフィシャルや安全課の方々、大会関係者の皆様のお力により無事に大会を終える事が出来ました。本当に有難うございました。

来年の2月25.26日に、第8回全日本学生ライフセービングプール競技選手権大会が宮城県総合運動公園総合プールにて行われます。
目指すは男女アベック優勝です。
昨年は男女共に優勝する事が出来なかったので、優勝する為にプール競技を重視して頑張っていきます!!
今後ともご声援宜しくお願い致します!

画像
記事へトラックバック / コメント


第42回全日本ライフセービング選手権大会結果報告

2016/10/14 15:00
【第42回全日本ライフセービング選手権大会】

〜総合成績〜
総合優勝 90pt 日本体育大学LSC
2位 89pt 西浜SLSC
3位 88pt 湯河原LSC

画像


10月8.9日の2日間、藤沢市鵠沼海岸にて第42回全日本ライフセービング選手権大会が開催されました。今大会で我がクラブは総合優勝を果たすことができました。2位と3位のチームとは各1点差とかなりの接戦となりました。

過去に学生として全日本選手権大会に出場した後は、全日体として社会人の方と混合のチームで出場をし、4年前からもう一度、学生だけの日本体育大学LSCとして出場をするようになりました。学生だけのチームで総合優勝をしたのは18年前が最後。総合優勝は、1998年の第24回大会以来、実に18年ぶりの快挙となりました。


画像


我がクラブでは、今までオーシャン競技での得点が少なく課題となっていました。この課題を克服するべく、種目ごとにチームを分け、オーシャン競技の選手はこの1年間をかけて練習を積み重ねてきました。その分、ボードレースが中止になったのはボードチームのメンバーを含め、皆が残念に感じましたが、やはり自然には勝てないということを改めて思い知りました。

普段から練習をさせて頂いている藤沢市の海で、各個人としてもチームとしてもベストを尽くすことが出来ました。
東日本予選から始まり、インカレ、全日本と3大会で得た経験を大切にし、1.2.3年生は来年更に飛躍出来るように、これからも頑張って行きます!

今大会も天候の変化が激しい中で行われましたが、オフィシャルや安全課の方々、大会関係者の皆様のお力により無事に大会を終える事が出来ました。本当に有難うございました。

来年の2月25.26日に、第8回全日本学生ライフセービングプール競技選手権大会が宮城県総合運動公園総合プールにて行われます。
目指すは男女アベック優勝です。
昨年は男女共に優勝する事が出来なかったので、優勝する為にプール競技を重視して頑張っていきます!!
今後ともご声援宜しくお願い致します!

画像
記事へトラックバック / コメント


【第31回全日本学生ライフセービング選手権大会】

2016/09/26 08:33
男子 総合優勝!
女子 総合優勝!

9月25日〜26日に千葉県御宿町で行われた第31回全日本学生ライフセービング選手権大会は無事に終了しました。
大会を運営して頂きましたオフィシャルや安全課の皆様、学生室の皆様、応援をして下さった皆様、OBOGの皆様、体救会の皆様、有難うございました!

総合成績では男女共に優勝する事が出来ました!昨年果たせなかった男女アベック優勝を達成することができ、レスキュー種目を始め多くの種目で上位を取ることができました。

次は、10月8.9日に神奈川県藤沢市鵠沼海岸で全日本ライフセービング選手権大会が行われます。この大会には、学生だけではなく社会人の方々も多く参加します。その中での日本一を目指し勢いをそのままに全員で頑張って行きます!!
応援宜しくお願い致します!
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
記事へトラックバック / コメント


第29回全日本ライフセービング・プール競技選手権大会

2016/06/03 16:22
5月21.22日に横浜国際プールで行われた第29回全日本ライフセービング・プール競技選手権大会の結果をご報告させて頂きます。

◎100mマネキントウ・ウィズフィン
<女子>
6位 中田碧 1分12秒03(3年)

◎50mマネキンキャリー
<女子>
3位 坂本佳凪子 39秒27(4年)
8位 鈴木理乃 42秒18 (4年)
<男子>
4位 幡野圭祐 32秒36(4年)

◎100mレスキューメドレ−
<女子>
4位 寺坂恵実 1分24秒70(4年)
8位 井熊理子 1分27秒37 (4年)

◎100mマネキンキャリー・ウィズフィン
<女子>
6位 北原由実子 1分04秒78(3年)
<男子>
3位 幡野圭祐 50秒20 (4年)

◎200mスーパーライフセーバー
<女子>
2位 坂本佳凪子 2分38秒54(4年)
4位 寺坂恵実 2分49秒72(4年)
7位 阿形芽生 2分57秒74(3年)

◎4×50 障害物リレー
<女子>
1位 2分00秒80
坂本佳凪子(4年) 阿形芽生(3年) 井熊理子(4年) 寺坂恵実 (4年)
☆大会新記録
<男子>
5位 1分47秒27
七海元紀 (4年) 岩井浩大 (2年) 川嶋駿介 (3年) 幡野圭祐 (4年)

◎4×25m マネキンリレー
<女子>
1位 1分31秒78
鈴木理乃(4年) 寺坂恵実 (4年) 坂本佳凪子 (4年) 具志堅夕 (2年)☆大会新記録
<男子>
3位 1分14秒40
七海元紀 (4年) 川嶋駿介 (3年)岩井浩大 (2年) 幡野圭祐(4年)
☆大会新記録
◎4×50 メドレーリレー
<男子>
4位 1分39秒09
岩井浩大 (2年) 幡野圭祐(4年)川嶋駿介 (3年) 田中亮多(4年)

◎ラインスロー
<女子>
5位 27秒20
P:坂本佳凪子(4年)R:石塚円香(4年)

総合結果 第3位

目標としていた優勝には届かず、四連覇を果たす事が出来ませんでした。
しかし、出場しているメンバーだけでなく、応援や記録等サポート含め、今まで以上にチーム全員で戦う事ができました。
練習の成果を出せた選手や、悔しい思いをした選手もいますが、負けた悔しさを忘れずに、今後の海の大会、そして2月の全日本学生ライフセービング・プール競技選手権大会に向けて練習していきます。

また、体救会の方々やOBOGの皆様より沢山の差し入れを頂きました。本当にありがとうございました。

一週間後には種目別選手権があり、ついにライフセービングシーズンが始まります!


最後になりますが、
大会運営者の皆様、オフィシャルの皆様本当にありがとうございました。

今後も部員全員で頑張りますので応援宜しくお願いします!
画像
画像
記事へトラックバック / コメント


第29回全日本ライフセービング・プール競技選手権大会前日

2016/05/20 22:15
本日、副学長の具志堅教授より反体罰、反暴力のお話を頂きました。
将来教員になりたいと考えている学生も多いため、教授のお話がとても心に響いたと思います。

画像


教授のお言葉にあった「目標に向かってたくさんの準備をしてきたのなら大きな結果が得られ、小さな反省をする」この言葉がとても印象に残る講話でした。

画像


明日からは、四大大会の一つである第29回全日本ライフセービング・プール競技選手権大会が始まります。本日の教授からのお言葉を胸に、部員全員で総合優勝目指し二日間頑張りますので応援をよろしくお願いします!
記事へトラックバック / コメント


月別リンク